石川たつゆきビジョン!

石川たつゆき 私の使命は「市民のための政策の実現」です。
市民の主役の政治とは政治をあきらめない事です。投票率の低下は民主主義の根幹である議会制民主主義の危機でもあります。そんな政治の世界に正義感がなくなりつつある今、誠実な政治を取り戻す日々を貫きたいと決意しています。

1959年11月18日生れ。熊本県出身
血液型O型
趣味:愛犬(ハッピー)と散歩。読書。
座右の銘:正義のために戦え、汝の勇気は無限なり
尊敬する人:上杉鷹山

石川たつゆき5つの政策!


1.高齢社会へ向けた医療・福祉 の充実

☆高齢者を守るために施設介護の基盤整備と各種介護サービスの充実を目指します(包括介護支援センターを市内13か所に設置してきめ細かな介護を実現しました)。
☆高齢者・障がい者が安心して暮らせる地域づくりを目指します。

2.明るい未来へ子育て支援 の充実

☆子ども医療費助成の年齢拡大し子どもの命を守ります(中学3年生まで実現しました)。
☆全児童型の放課後の児童の居場所づくりを推進します(1日500円からの放課後キッズルームを実現しました)。
☆駅前保育ステーション・保育ママ等を推進し待機児童ゼロを目指します(松戸駅前で実現しました)。
☆ワクチンの公的助成の早期導入を目指します。

3.21世紀にふさわしい教育・文化 を推進

☆平和教育を推進し、おもいやりの心を育てる教育を目指します(長崎市、広島市の協力の元、原爆展を実現しました)。
☆文化・芸術・スポーツに親しむ環境整備を推進します(現在推進中です)。

4.市民生活を守る快適なまちづくり の整備促進

☆子どもや市民の命を守る学校・施設の耐震化を推進します(平成27年度に実現しました)。
☆市内の小中学校の全ての教室にPFIの手法で冷房化を実現させます(平成28年度に実現予定です。※PFIにより約4億円の削減を実現予定です)。
☆松戸駅はじめ各駅にエレベーター・エスカレーターの早期実現を目指します(残るは松戸駅のみです)。
☆エコ社会目指し自転車を安心して利用できるまちづくりを推進します(廃棄自転車の再利用と被災地の大船渡への再生自転車の寄付を実現しました。自転車専用道路も推進中です)。
☆常磐線の東京駅延伸の早期実現を目指します(東京駅延伸を実現しました)。
☆太陽光・風力・緑のカーテン・芝生化等の環境施策の推進します(推進中です)。
☆新松戸駅の東側にバスロータリーの早期実現(推進中です)。

5.松戸の良さを活かした元気都市松戸 を推進

☆歴史の財産を活かし観光推進による経済活性化を目指します(矢切の渡しに、松戸市を代表するおもてなしの観光拠点を実現させるべく推進中です)。
☆徹底した事業の見直しによる財政の健全化を推進します。

ボランティア活動実績


夜回り(松戸防犯ター)は今年で13年目を迎え、累計1000キロ以上を達成してます。
・新松戸駅周辺や公園の花植えを四季折々に実施してます。
・松戸市子供会連合会の小金南地区に所属し、ソフトボールやドッジボールの応援をしてます。
・小金南中オヤジの会、幸谷小学校スクールガード夜回り等を創立からお手伝いをしてます。

国際貢献活動実績


世界各地の大地震の際の赤十字社を通しての募金運動、タイ・ラオスへダルニー奨学金募金運動など支援や、アフリカ(エチオピア・マラウイ共和国)へ廃棄自転車を再生し贈る事業へ支援してます。

プロフィール


初当選 2002年
期数 4期
議会関係役職 総務財務常任委員会委員長
議会活性化委員会副委員長
現在までに、監査委員、教育経済常任委員会委員長・副委員長、健康福祉常任委員会委員長、都市整備常任委員会副委員長、総務財務常任委員会副委員長など
所属委員会 総務財務常任委員会
市立病院建設検討特別委員会
党役職 松戸総支部広告推進部長
松戸総支部副議会部長
略歴 1959年 11月 熊本県八代市生まれ
1982年 3月 熊本商科大学(現熊本学園大学)経済学部卒業
2002年 6月 ニッカウヰスキー(株)(ウイスキーの父マッサンの会社)退社
2002年 11月 松戸市議会議員選挙初当選
2014年 11月 松戸市議会議員選挙4期目当選


石川たつゆき通信
Copyright (C) 2016 Ishikawa Tatsuyuki. All rights reserved.